ソープは庶民でも楽しめる場であってほしい

とりあえずビールって良く聞きますけど、僕の場合はとりあえずソープです。それは、僕が下戸で酒を一切飲めないからなんですけど、ビールとソープの語感が似ているからって無理やり対比させてしまいました。そのような事はどうでもいいとして、とりあえずもっとプレイ料金が安くなってほしいと思っているわけです。世の中はインフレターゲットだと言って、デフレを解消する動きになっているようですが、何でも値段を上げればいいというわけではないです。世の中のお父さん方は、日夜仕事を頑張ってお給料を貰っていますけど、その給料が上がらずに物価だけが上がったら全く意味がないです。そうでないと、一部のお金持ちの方しかソープ遊ぶが出来ないようになってしまい、今までソープを心の拠り所にしていた男たちはどうなってしまうと言うのでしょうか。ソープランドは、元々そんなに安く遊べる風俗ではないですけど、これ以上負担が大きくなると、男たちはコンクリートジャングルで彷徨う迷い人になってしまいます。話がとても飛躍しすぎるように思えますが、ソープは庶民でも遊べる場であって欲しいというのが切なる願いです。

Comments are closed.